交通事故に遭ったら

交通事故に遭った場合には、負傷した人の救助、警察への連絡、リスク回避が最低限必要です。


交通事故に遭った場合に、まず行う必要があるのは、事故で負傷した人があった場合には救助することです。
負傷した人を救助することは、加害者に対して法律で義務化されているものです。
過去の判例においては、きちんと負傷した人を助けないで事故の現場から離れたため、ひき逃げと見なされたケースもあるため注意しましょう。


では、負傷した人の救助は、どのようなことを具体的にするといいのでしょうか?対応が事故内容によって異なってくることもありますが、ポイントとしては、周りの人に協力してもらう、負傷した人を安全なところに移す、救急車に来てもらうことです。
なお、負傷した人が場合によっては、移すことが危ないこともあるため、それほど危ないところでなければ、無理して移す必要はありません。
また、ノウハウが無い場合は、止血や心臓マッサージなどは行なわないようにしましょう。


警察への連絡に関しては問題ないでしょうが、リスク回避に関しては、そのまま事故現場は維持することを基本にしつつも、多くの交通量がある場合は、そのままの状態では事故が新たに起きるリスクもあります。
そのため、路肩に車を寄せるなどのリスク回避処置を行いましょう。
また、非常停止板を設けたり、発煙筒を使ったりすることもリスク回避のためには必要です。


本サイトでは、警察にまず連絡する、負傷者を救護する、絶対に逃げないこと、についてご紹介します。


●外部リンク
金銭的な被害に遭った場合に相手側に交通事故の慰謝料を請求出来ます。こちらは慰謝料について無料で相談出来る弁護士事務所のサイトです > 交通事故の慰謝料

Copyright © 2014 交通事故に遭ってしまったら、まずどうするか All Rights Reserved.